2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.03.16 (Thu)

恩と仇と復讐と

結婚披露宴に招かれ、会場を一巡し酌をして廻る。
が、座にいない場所は通り越して廻るから、いなかった客人は怒る。
『俺のところだけ来なかった!』
以来、動くほど敵をつくるから来賓席から動かぬ習性ができた。

『トイレで会ったから挨拶したが知らんぷりしていた!』
『先日、ある会合で会ったけど挨拶もしなかった!』
これは、吾の支援グループから去るときの『言い訳』なのである。

就職試験があると、学科試験は左右できないが、二次試験は面接者の主観が混じる。
混じれば、そのことが頭をよぎるから点数に若干の差異がでる。
それを見越しての『採用口利き』が横行した時代、吾も多用させられた。

が、3倍の競争率で難関を突破した市の現業職員は、入庁して半月の選挙で動いた。
未成年なのだが、吾の選挙カーが通過する横で、社会党候補のポスター貼りを。
『子供は仕方がない!』と言ってた親が4年後は社会党、次の次には親族一統まで社会党に。

防水事業工事の『叩き合い』に悩んでいた業者たちが、理由は判らぬが吾の処に。
協同組合を立ち上げ、相和して10年経った頃に再び混乱が。
離れて行った連中は、吾に会っても挨拶も交わさなかった。吾のセイでもないのに。

県営住宅管理運営の指定管理者を願っていた『宅建協会』、これも吾に縋ってきた。
目的を果たした後の県議選では、宅建日南支部は『新人候補』の支援に。
県の会長が『詫びに来る!』と言われたが『裏切りは業者の常だから!』と丁重に断った。

串間市に建設予定の『特老ホーム』でも、見知らぬ吾が頼りにされた。
同市の福祉法人経営者が、県の三役に食い込んで認可を妨害しているらしい。
つまり、『俺の方を先に認可しろ!』という訳だ。

『双方とも不認可か!双方とも同時認可かだ!』と県に告げたら、妨害者が吾の処に。
地元の市長を助手席に乗せて夜間に来訪され、『同時認可』を求められた。
吾に依頼された方は、設計から見積まで吾に頼み、が入札では吾と無縁の業者に。
仇なす理由は判らないが、『仁義』も『感謝』もない土地柄なのか?

それにしても、森友学園の籠池夫婦とは、どういう人種なのだろう。
『成長の家』か『教育勅語』か何かは判らないけれど『道徳観欠如』であることは間違いない。
間違いないのに『騙される人種』の多いことにも驚かされる。

あの夫婦、一見して判らなくても、話したりすれば素性は明らかだろう。
鴻池参院議員と同様のホラ吹きで、とても教育者とは思えない。
『日本会議』のメンバーが、あの種の詐欺師と同類視されて黙っているのか?

もっと考えられないのは、稲田防衛大臣の資質。
自民党本部での『全国幼稚園協会』の陳情に籠池夫婦が来ていた事実は判らないのが当然。
パー券、1万2千円也を受け取っても、稲田本人には判らない。
たかが1万円のパー券、ニュースにもならないのに時が時、復讐なのである。

が、受任した公判に出廷したのは、例え10年前でも覚えていないか?
暴力左翼ОGの辻元から『戦没者追悼式欠席』を指摘されて悔し涙を浮かべた稲田。
『尊い犠牲の下、国際貢献できる国になった!それでスーダンに!』
犠牲者を追悼し、任務への精励を堂々と答弁すれば良いものを。

でも、弁護士資格を持っているから頭脳は明晰なのだろうが、コスチュウムにも疑問が。
服装は、場所を選んで着るもの、キリッとした姿勢が窺えないヤボッタイ姿の防衛大臣。
安倍総理の『秘蔵っ子』らしいけど、この人の『女性観』にも疑問が。
将来の総理どころか、次の選挙も怪しい。

それにしても、大臣や国会議員の低質化は否めない。
吾が歳を重ね、年下を頼りなく見るからだろうか?稚拙な連中に思えるが?
でも、『長靴』務台みたいな非常識政務官をみると、やっぱり低質化だなぁ~!


スポンサーサイト
14:38  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuichisakamoto.blog.fc2.com/tb.php/838-eca6c82f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |