2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.02.17 (Fri)

姿勢・市政・雌性

以前に書いたが、河野禮三郎市長が吾を半日、釘づけにして退任の意向を語った。
折しも百条委員会調査の時だから、『誤解を招く』と翻意を迫った。
が、理由は『女房との離縁だ!』と譲らない。

『河宗』財閥の御曹司だから世間体はもとより、公職にあるまじき!との意思なのか。
離縁そのものが、そんなにも世評の厳しさを受けるのだろうか?と訝った。
退任と同時に、離婚されたのは言うまでもない。

後釜に担ぎ出した『森岡治平』市議会議長。
病院に逃げていたのを呼び戻し、強引に出馬を決意させた。
が、担ぎ出した市議連中は、渡された運動資金を枕に終わるまで寝ていた。

森岡さんの座右の銘は、『修身斉家治国平天下』
身を修め、家を修めて、初めて天下を治めることが出来る!という意味らしい。
でも世間は、『アル中だ!』と喧伝し、追い落とした。

吾が34歳で臨んだ県議選は、最終議席を争う激戦だった。
最終日、『坂元は油津のスナックにオンナがいる!女性の敵だ!』
1票が2倍の格差になるから、174票差で敗れた。
その時の流言飛語の張本人氏名、吾は今でも胆に刻んでいる。

長男の『3者面談』が福岡の河合塾で開催、宮崎市の議員寮を出た。
後ろをオートバイが付いて来るのを認めたが、高速の入り口まで。
帰りに、宮崎インターで降りたら、再びオートバイがついてくる。

南宮崎駅の駐車場に入り、油断させて赤信号を突っ切った。
自身が『私立探偵』希望だったから、尾行には気付く習性だ。
前妻はVHSのビデオテープと引き換えに、数十万円を支払ったと云う。
が、テープには記録はなく、偽の興信所と知れた。

吾にも、件の偽興信所から電話があり、『新聞をバラ撒くぞ!100万円寄越せ!』
『ゴロ新聞』全盛の頃だから、創作でも脅威だ。
串間のS氏が中に入り支払ったが、背後には都城選出県議の影が。

約束させられたように、前妻は次女の進学と同時に家を出た。
再婚して戦った4期目の選挙は、後援会幹部も等しく認める『絶対落選』
『病気の妻を追い出して、呑み屋のオンナを入れた!』である。
が、ご婦人方の死に物狂いのお蔭で当選を果たせた。正直な『雌性』のお蔭だ。

後援会事務所には、二人目の採用となる女性がいたが、事務局長のセクハラを嫌う。
『事務所の女性は後援会の商品だ!手を出すな!』と注意したが、止まずに退職に。
その後に紹介されて、母が再嫁した家の親戚が来てくれた。

事務局長が市議に転じて、全ての業務は彼女の双肩に。
吾が媒酌人を務めて子を生したが、産後も厭わずに働いてくれる。
政治資金から行動の全て、後援会の運営、吾は彼女の指揮に従う有様である。

事務所に勤め始めた頃より、吾との関係を疑う噂が立ったらしい。
それが、市長選出馬で伝播され、屈辱を味わった。
猥談を聞いても露骨に嫌悪し、男女交合を恥辱と蔑する彼女の『雌性』が見抜けなかったのだろう。

今、寄ると触ると、日南市長の醜聞を聞かされる。
県庁職員の、『育ボスではなくて、エロボスだ!』という呟きも聞いた。
市長を支える方からも電話で、『Nを出すらしい!』と問い合わせが。
なんでも、女性部下の病気を気遣ったメールが、別なラインに乗ったらしい。

そういえば、一緒に訪韓した時も、タブレットに向かいっきりだった。
『出張してても、文章の決裁を求められて!』と吾に説明していた。
『気遣いのメール』のコピーを見たが、『フーン』と思う程度。

が、市民が盛り上がっていても、2元代表制の片方・市議会は冷静らしい。
当局の『単なる噂だ!』に、咳一つなかったらしいから、全員納得なのだろう。
だったら市民を鎮撫すれば良いものを、ここにも市民意識との乖離の大きさが。

市民は政策には無頓着だから、下半身の下ネタ話が面白い。
面白いから着色されて拡がってゆく。
それが、『日南特有』の思考と発想なのだろう。

が、部下の女性は配置転換された!と聞いた。
噂話で人事異動を実行するのには疑問が残らないか?
為政者の姿勢が問われて然るべきだが、でも吾らの選良・市議会議員は疑問に思わない。

こういう状態だから、市政への関心が遠のき、期待もしなくなる。
部下の女性職員の『名誉』と『将来』はどうなるのか?
一介の市井人が考える内容でもないが!




スポンサーサイト
14:19  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuichisakamoto.blog.fc2.com/tb.php/830-49dbc9d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |