2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.21 (Sat)

厄介な隣国

隣家のお内儀が逝去されて久しく、主人が一人暮らししている。
もう5年以上も前だったか、美容室を経営する女性が入り込んできた。
内縁だったけれども、周囲は驚きの声を。

が、吾の留守中、4人女性だけの茶話に加わり、内縁夫の悪口を。
『生来』を知っている吾は、余り感心しない隣人だと思っていた。
或る時、留守中の庭に入り込んで、蕗の苗を吾の敷地の法面に植栽。

ある時は、一人住まいの寡婦宅木戸口で呪いの人柱を建てたのがバレた。
表には出さないが、『ロクなオンナではない!』と集落の誰しもが。
何年かして、新たな伴侶(被害者)を探して去って行った。

いつも顔を会せる隣家とのトラブルは避けたい。
避けたいから、言いたいことも我慢するが、時には限界を感じることも。
『内縁』が去ったから平穏な関係が戻ったが、矢張り諸悪の根源は断つべきだ。

隣家ではなくて『隣国』の韓国にも困ったものだ。
国交を断っても良いのに、もっと無茶な隣国が北に控えているから絶てない。
約束を平気で破り、外交儀礼にも欠ける『儒教の国』、困った隣人だ。

先日は、韓国への油津港ポートセールスに木材輸出の当事者として加わった。
県に派遣されている国交省役人のツテで、日本大使館を表敬。
過去に幾度となく大使館を訪れているが、ソウル大使館はひっそりと。

駐韓大使が呼び戻されているから、その影響が感じられる。
大使館は貸しビルに仮住まいで、旧大使館は壊され新築の準備に。
その敷地の前、道路を挟んだ場所に『慰安婦像』なるものが。
像の容貌は『魅力的』ではないから、モテない慰安婦だったのか?

誰一人として佇む者はなく、ただ反日(実は北鮮系)運動家がテントを建てている。
釜山の領事館前にも建てられているそうだが、何を意味するのだろうか?
ここに、職業的反日活動家と、内通する日本メディアの騒動因がある。

1965年の日韓基本条約で、日本が8億ドルを賠償、請求権は放棄された。
国交正常化では、竹島を棚上げで現状維持を約束。
一昨年の日韓合意で、慰安婦問題は『もう言わない!』と決着した。

約束したのに再び蒸し返し、世界に『ウソ』を発信している。
『従軍慰安婦』から『従軍』のウソが剥がされ、慰安婦か売春婦かの違い。
呼び名は変わっていても、実態は『売春婦』だろう。

売春婦は、春をひさいでカネを稼ぐ商売だから、自らが決意して望んだ。
まぁ昔の日本の様に、借金で親に売られ廓に身を落とした女性もいるだろう。
が、経緯はどうあっても、躰で糧を得ていた事実と史実は重い。

敗戦後、日本に駐留した米兵は、売春ではなく強姦で日本女性を犯した。
強姦されて生まれた子供は、判っているだけで3,961人に達するらしい。
これが許されて、日本兵の『買春』が批判される国際世論、可笑しい限りだ。

日本には『売春防止法』があるが、実際には売春が存在する。
ソープランドなどは典型的な売春場所で、なんらの処罰も受けていない。
つまり『入浴の提供』場所で、自由恋愛で性交する!という訳だ。

なんのことはない。『管理売春』の是非だけで非合法を見逃している。
どこか、パチンコを賭博と言わず、カジノを賭博と云うのに似ていないか?
週刊新潮が、元大臣の8万円2時間のソープ『姫始め』を報じていた。
立法機関のセンセイが『法律違反』だから、性欲は道徳を凌ぐのだろう。

作家の小谷野敦氏が、『歴然と在る売春を合法化せよ!』との一文を。
氏によると、オランダやドイツでは売春が合法化されているという。
日本における昨年の梅毒患者数は4,518人。
20代女性の感染者が増え、不特定多数との性交渉に原因が。

かっての韓国も、国家管理の『売春国』だった。
その『外貨稼ぎ』で日本人を呼び込んでいたのに、売春が規制されると『銭寄越せ!』
その身勝手さに、付き合いきれない!と、朝日新聞以外は思っている。
永遠に付き合わなくてもいいのだが、吾は木材を売る立場。

困った隣人! イヤ隣国だが、気長に付き合うしかない!
訪韓する日本人観光客の2倍が、訪日し、観光しているらしい。
そういえば、アシアナ直行便はゴルフ客で満席だった。

日本を知り、日本に学ぶ多くの韓国人がいるのに『反日』なのは?
やっぱり、職業的革命家の暗躍だろう。
背後が北鮮なんだから、大好きな『北』に移住すればいいのに。
スポンサーサイト
13:56  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuichisakamoto.blog.fc2.com/tb.php/820-09b4949a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。