2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.12.31 (Sat)

一年回顧

還暦で、一区切りの生涯を終え、新たな年齢を重ねてゆくという。
それからもう8年が経過したことになるが、歳月の移ろいは速い。
医療保険では『前期高齢者』と位置付けられるが、その自覚はない。

40代までは、昼夜を分かたず懸命に生きてきた。
『懸命』だったから、時日の過ぎるのを覚えぬ筈なのに、記憶に残る経過は数多い。
歴史の変遷と、時流に遅れぬ自覚があったからかもしれない。

四十歳前後が男の大厄で、3年間は要注意と言われている。
多分に、その時期が子育てと持ち家建築など、人生の重要期に当たるからだろう。
職場や社会的にも求められる役割が増え、家庭内でも重みが増してくる。

そういう意味から言えば、吾の大厄は早かった。
34歳で県議選に僅差の敗北、浪人中に交通事故を起こして肢体に傷を。
『武士の商法』で負債を負い、他人の保証にも泣かされた。

38歳で県議に当選、吾ほど目まぐるしい動きと境遇に遭った者はいないかもしれない。
いろんな経験をして、いろんな政策を立案し、提言してきた。
郷土の課題でも、諳んじること容易なほどに発案し、手を染めてきた。

そして、還暦を迎えた後での『市長選挙』敗北である。
『手を染めてきた』筈の郷土課題解決が、全く評価されていないことを教えられた。
が、顧みれば、圧倒的社会党基盤で小集落の吾が政治舞台に居たことが異常なことかも。

昨年の暮れには、肝臓の度重なる検査で1週間ほど入院。
『肝臓が弱っているから重労働はダメですよ!』と看護師が。
吾が、農林業に精出すことに苦言を呈したのだ。

とは言われたものの、立木売り払い後の隣接地を買収していたから対策が必要だ。
畑地が杉山に、その杉山を購入するために農業委員会の許可がいる。
林地を農地として使っても、なんらの届け出も必要ないのに、である。

その土地に杉苗400本、柿の木97本を植栽した。
延岡森組の組合長が、『柿は年に7回は農薬散布が必要です』と。
8割は『甘柿』だから、収穫できる頃には鳥獣対策も必要になるだろう。

昨日、肥育牛農家の古澤さんから電話で、『裕一さんの山が倒木で!』と。
坂元棚田近くの山林が崩落、そして倒木で後処理を頼んでいる最中なのに。
『竜巻でしょう!』と言われるから、今年2か所目の被害確認だ。

強力な台風で、畑の2棟のハウスもビニールが剥げた。
西岡クンと金丸クンが『ビニールは何ぼでもあるよ!』と言ってくれている。
春先には覆い換えて、夏野菜に備えねばならない。

今年の1月頃に、声帯の異常を覚えた。
診療所では『肉芽ですねぇ~!』だったが、改善の兆しなく医大の医師に。
『下咽頭腫瘍 ステージ1、放射線治療で完治します!』

32回の放射線照射、僅かに2分ほどだが県立病院に日参だ。
非常勤ではあっても、森林組合の代表理事組合長の責めもある。
専務理事や参事以下、しっかりした幹部職員に恵まれ、事なきを得ている。

体重計が77キロを指して、3か月以上の食事制限でも微動だにしない。
10キロを減量する必要があるのに、食欲は高じるばかり。
先日から一日ご飯1合、温野菜中心の食事に換えた。

明日からの新年は、『気乱れる年』である。
右往左往することなく、熟慮を重ねて日々の役割、仕事に精励せよ!ということか?
思えば、今日までの生涯が、『気乱れる』歳月であったような。

平成30年からは『運気上昇』期間が続く。
それまでに、何事も無ければ!だが(^-^)/
この一年、御世話になった多くの方々に、心から深謝したい。




スポンサーサイト
11:36  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuichisakamoto.blog.fc2.com/tb.php/814-2e1a35db

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |