2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.01 (Thu)

免許証返上

片側一車線の道路、左端に寄らずに真ん中に乗用車が停車している。
ウインカーも印していないから、何の為に停車、駐車しているのか判らない。
恐る恐る右側を通ると、突然、動き出してくる。

頭に来るが、当事者は平然として運転している。
それも30キロそこそこの速度で。
で、今度もウインカーで示さず、急右折する。

夫婦だろうか?何か会話を楽しみながらドライブしている。
バックミラーは見ないから、後続が連なっているのも見えていない。
右や左の家並みを眺め、畑の作物を観察しながら会話に熱中している。

『二人の世界』なのかもしれない。
定年後で、日中の時間を持て余しているから、急いで走る用件もない。
時間潰しのドライブは、食事の場所を探しながらの呑気な旅なのだ。

が、仕事に追われて走り回っている人にとっては、邪魔な存在でしかない。
イライラしながら追い越しもナラズ、怒り心頭だが打つ手はない。
思わず『高齢者の運転を禁じればいいのに!』などと思ってしまう。

禁じたら、どうなるか?
年老いた両親の病院通いに呼び出され、仕事を犠牲にして送迎する。
タクシーでも良いのだが、ついでに買い物なども済ますから自家用車が便利だ。

田植えから稲刈り、脱穀まで通いの農業もしなければならない。
付き合いで入団していた地域消防団の夜警にもでるから、実家とは縁が切れない。
一緒に同居すれば良いのだが、子供の通学や通勤を考えると踏み切れない。

両親とも免許証を持っていたのに、幾度となく車を損傷するから返上させた。
これ以上、危険運転して人身事故でも起こすと大変なことになる。
コミュニティーバスとかが走っているけれども、必要な時に役立たない。

子供が、同じ市域に住んでいる高齢者は、これで済ませられる。
が、遠く離れたところに子供や身寄りが入る人は、何時までも自身の運転に頼る。
頼って事故を起こし、老いてから白眼視され、子供から叱られ、罪に堕ちる。

80歳以上の免許所有者は196万人らしい。
その80歳以上高齢者が事故を起こす確率は、64歳以下に比して3.75倍。
80歳以上が死亡事故を起こした件数266件、20年で4.3倍に増えている。

公安委員会では70歳以上に『高齢者講習』を義務付けているらしい。
75歳以上になると講習予備調査として認知機能の検査も行われる。
来年3月施行の改正道交法では、認知症の免許取り消しが決められた。

が、『認知症だ!』と決定づける診断は無いらしい。
また、そういう専門の医師もいないと聞いた。
だったら、家族や周囲が観察し、説得して返上させるしかない!という次第だ。

西米良村では、免許証返上者に思い切った援助措置をしている。
が、山間山合の公共交通機関に恵まれない地域では、代替交通に苦労する。
吾の住まいする場所から県立病院までタクシーが片道5千円、往復1万円。

週3回の診療で、月額10万円のタクシー代である。
そうなると、年金支給額を遥かに上回るから、診療を減らして民間療法か?
まぁ~山間僻地の人は『早く死ね!』ということだな。

軽トラで山の造林に行く人、畑に農作物を栽培している人。
作業しているから『認知症』を患うこともなく、元気で過ごしている。
その人たちから、『足』を奪ったらどうなるか? 自明だろう。

買い物難民、医療難民、今まで営々と働いてきた高齢者が見捨てられる。
世の中は、育児支援だとか中心市街地活性化などと囃されているが、高齢者に報いは無い。
まぁ~『お前たちには治めた以上の年金を与えているではないか!』ということか。

でも、間違いなく高齢化は進んで行く。
あらゆる分野で『難民』が増えてゆくことは確実である。
『ゆとりと生きがいのある老後を!』とは、敬老の日の常用語である。

でも、1年で、その日だけしか思い遣られない言葉でもある。
スポンサーサイト
08:40  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuichisakamoto.blog.fc2.com/tb.php/805-1be216ae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。