2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.11.23 (Wed)

『肥 満』

一卵性双生児だったから、普通の子供たちのように身体的成長はあるのか?
母をはじめ、家族は気を揉んだに違いない。
が、不安に相違して、旺盛な食欲を示し成長した。

兄の吾が、ほんの少しだけ体重が乗り、弟は細身だった。
それは現在までも変わりない。
身長は、弟の方が少し高いだろう。

『脛から下が長い程、身長が伸びる』と、口癖のように母が言い聞かせていた。
なるほど、日南高校に入学した時には、整列すると前から3番目。
が、卒業するころには後ろから2~3番目だった。

粘土を無理やりに引っ張ったようで、体重は増えないで身長だけ伸びる。
足や腕は骨太だが、節くれだっていた指は、細く、長かった。
学生の頃、スナックのカウンターで呑んでいると『ピッチャーかピアニスト?』と。

25歳で市議会議員選挙に出たときのポスター写真。
髪は黒々と多く、頬骨が浮くほどにホッソリとしている。
体重は、50キロそこそこだったに違いない。

50代の頃まで、誰に指図されたわけでもないのに、好んで肉体労働に励んだ。
地鶏を飼って、朝の暗いうちから夜更けまで世話をする。
昼間は『議会用務』だから、それ以外しか百姓の時間は残されていない。

高学年に成長した子供たちは、夫々の学業があるから、夫々の面倒をみる。
酷暑の折に、隣家を頼んで下刈りに精を出し、疲れ果てて軒下で呑む。
そして翌朝、再び下刈りに出かける。

手を入れる山林がなくなると、新たに12町4反の伐り跡を買って植林。
これは一人で作業して、今の山林がある。
二の腕も太腿も、筋肉隆々とした体躯であった。

が、還暦を過ぎて体型が変わってきた。
燃焼するよりも、蓄積するほうにカロリーの配分が変わる。
それに積年の『生活習慣』が重なるから、ひたすら『肥満』の醜態に。

県議会議長の時、タバコを止めた。
途端に、体重の蓄積が始まり80キロの大台に迫った。
ワイシャツの首回りが窮屈になり、スーツもきつくなるから新調するしかない。

『生活習慣病』を患って晩酌を止め、タバコもやめた。
焼酎で終わっていた晩飯が『ご飯』に替わり、炭水化物の摂取量が増える。
みるみる体重が増えて、78キロまで達したが、減量を試みても効果が無い。

『坂元は癌で、痩せ細っているだろう!』と秘かに思っている人の驚き。
痩せ細るどころか、まるまると太った腹を突き出しているから、面食らっている。
炭水化物を半分ほどに減らして2か月、全然、効果がないのである。

内臓脂肪や皮下脂肪が増えるということは、筋肉にならない部分が多いということだ。
ということは、運動量が少なくて、食べる量が多いということだろう。
幾ら労働しても、汗しても効果が報われないことが腹立たしい。

70キロの大台を下回れば『良し』としよう。
『晩酌をした晩ほど、食事量が少ない!』などと言い訳しながら盃を。
昨日の誕生日で68に。

体重の目標も68にしようと思っている。

スポンサーサイト
16:06  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuichisakamoto.blog.fc2.com/tb.php/802-1eeb786f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |