2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.10.19 (Wed)

ITに聞け!

通信手段の発達を見ていると、この分野が一番の進化を遂げたのでは?と思う。
原子爆弾だって、広島・長崎よりも性能が良くなったと言われるが、これは日常茶飯に使えるものではないから、進化の度合いは判らない。

が、多くの軍事兵器も、通信機能に支えられた電子作動だから、通信手段の進歩に驚くのである。
以前も書いたが、昔は人が往き来して物事が伝えられた。
赤穂義士の判断も、江戸表と赤穂藩の連携で成り立ったが、かなりの日時を要した。

同じ江戸府内であっても、使いが走り、都合を聞いて要件を語り合う。
それは、吾が幼少の頃でも変わらない。
祖母は、帰るか否かも判じられないのに、停留所で最終便まで祖父を待った。

集落内に不幸があれば、親戚に夜駆けで知らせるのが近所の役割だった。
急な客があって、どこの山で作業しているか判らないのに祖父を探したこともある。
雨で、運動会が中止になるか否かが判らず、3日ほど弁当を拵え続けたのは母の経験。
『音花火』は、山深い一軒家まで届かない。

高校時代、付き合っている彼女との連絡は、馴染みの店が取り次いでくれていた。
大学時代のアパートでも、迷惑そうに大家が取り次ぎに来る。
友達と駅などで待ち合わせ、急用が出来ると連絡法がなく困ったことも。

それから、大きな携帯の電話機、車載の電話機と進化していった。
県議になって暫くすると、ポケベルからアナログの携帯に。
そして、今の時代にはスマホを持ち、端末を使っての授業もあるらしい。

僅かに、2~30年間で飛躍的に進歩したというべきだろう。
が、吾は今でも『ガラケー』を使用している。
スマホを利用しても難しくも無いが、用途がないのである。

話す、メール連絡を使う、その機能さえあればコト足りる。
第一、メール文字を最大にしているくらいだから、いちいち眼鏡を必要とする。
ネットの機能は、帰宅してでも不自由はしないのだから。

が、東京などで電車に乗ると、全員がスマホを見詰めている。
吾は、ワープロを使用し始めてから老眼が進んだから、眼鏡店はスマホ全盛に涎を流しているかも。
話し方を忘れ、文字を打ち、視てからしか理解できない人種が増えてゆく。

携帯大手3社に行政処分が下されたらしい。
実質0円で新機種買い替えを進めたり、キャッシュバックシステムを導入したり。
その原資は、吾のような『旧態』の利用者に被さっているのである。

でも、携帯端末を使って授業を行う!なんてどうなのだろう。
極端に言えば、同じ学年なら全国一人の教師で間に合うという理屈になる。
が、顔つきも表情も判らないから、教えの部分の難易度も教師には判じられない。

それよりも、もっと配慮が無いのは『ネットに聞け!』という遣り方ではないのか?
台風情報で、避難指示や警報をエリアメールで教えてくれるが、無い人はどうなのだろう。
別の通信手段である『有線』で教えるのか?電話線が切れていたらどうなのか?

などと心配に絶えないのは、吾が老いた証拠なのかもしれない。
しかし、航空会社でも、『運行状況はホームページで確かめて!』なんて言っている。
全ての人々が、インターネットに接続している! これを前提にしているのである。

行政も同様な告知をするから、ネットに関係ない人は相手にしないよ! と言っているのに等しい。
それとも、高齢者など『IT』とは無関係な人は利用者しないだろう!と思ってのことか?
総理時代の森 喜朗さんは、『IT』を『イッツ!』と読んだ。

それはそれで間違いない『英語力』なのだが、時事用語の理解力は吾と同じかも。
『鮫の脳味噌』と蔑称されていたが、五輪組織委員長として君臨している。
森さんも世の高齢者と同様なのだから、現役高齢者に配慮した『案内方法』があるのでは。

様々な分野で活躍の要にある『IT』だが、ソフト開発でも凌ぎを削っている。
だから、浮いては沈み、の繰り返しの象徴が、この産業である。
何故なら、新たなソフトを上回るソフトが、瞬時にして開発されていくからである。

だから、IT企業の誘致が進んでも、『歓迎すべきか?』に迷うのである。
聞くところによると、油津の商店街に誘致、立地が進んでいるらしい。
為に市行政は、従業員への『子育て支援』施設を設置するというから、企業の永久存続に期待するしかない。

ITとは関係ないが、油津の開発構想(実は覚醒構想)を見ていると、有象無象の人智が入り乱れている。
乱れているから、明確な最終章の姿が浮かばない!
結局は、特定の人のみを利する結果に終わるのだろうが。

ここはひとつ、将来像をITに聞いてみるとしよう!
行政に聞いても『答弁不能』だろうから。


スポンサーサイト
14:32  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuichisakamoto.blog.fc2.com/tb.php/792-2b08cd02

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |