2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.08 (Thu)

『安保理声明』のムダ

此の世に生を受けているものすべてが、争いをする。
なぜ、争うのか?
己の生存を果たす為だろう。

海中の小さなミクロの存在から、地球上に生物が誕生したと聞いた。
それらが進化して、恐竜や大きな植物が繁茂していた時代に。
大きすぎて適応能力が落ち、現在の姿になったのだろうか?

同じ種族が栄えすぎると、食うものに困って飢餓が発生する。
飢餓は、種族の滅亡につながるから、同種族でも優秀なのを残そうとする。
残るためには戦いに勝たねばならないから、生き残った遺伝子は優良な遺伝子だ。

植物が花を咲かせて種を付け、それが幾倍もの芽を出させる。
繁茂した植物を小動物や鳥が食し、その小動物を捕える動物がいる。
『食物連鎖』で、地球上の動植物が生き残り、『種』の発展を期す。

『種』の発展を期しても、溢れるようになれば同士討ちになる。
骨肉相食む戦いに勝利しなければ、己の家族は生き残れない。
闘って、相手を倒すのだが、これが種族の『間引き』というものだろう。

『間引き』をするために戦いがあり、闘争本能を備えている。
『闘争』というのは、他の動植物に対するものではなしに、同種族に対するものだ。
『間引き』がなければ、全体が倒れてしまうのである。

此の世に存在する『糧』
その『糧』に見合う適正数しか生き残れない。
故に、『間引き』が自然の摂理として存在するのではないか?

くだらないことだが、以前から、その自然の摂理を信じてきた。
歴史を見てみても、ある一定の時期に戦争が勃発し、人口調節している。
また、世界的な疫病が蔓延し、多くの犠牲者を出しているのも同様だろう。

結核が不治の病とされてきたが、完治する良薬が出てくると、『癌』がとって代わる。
以前からあった病気だ!と言われるけれども、現在の比ではない。
時代の変遷で、食するもの、住環境が変わっているからだろう。

アフリカなどの途上国をみると理解できる。
貧困なのに子沢山、飢えに苦しみながらも再び出産する。
いくら食糧援助しても、子沢山がすすむだけだろう。

ならば、産児制限を意識するような教育が必要になる。
文化的素養が加われば、世界の暮らし、余暇の過ごし方なども理解できるだろう。
ということは、すべての前提に『教育』があるということだ。

飢餓に喘いでいて、加えて教育も不足しているのはアフリカだけではない。
隣国の北朝鮮も、同様である。
が、こちらには、手を差し伸べようとする人達が居ないから始末が悪い。

世間知らずのワンマン体制。
周囲が殺せばいいものを、自身も贅沢を享受しているから、現状に満足している。
騙されて、踊らされている国民の裏には、飢えた民がひしめいているのに。

甘えた餓鬼が、核のおもちゃを組み立てて遊んでいる。
上手く飛んでゆくと、ハシャギまくって強がりを言う。
おもちゃが飛んでいるのに驚く世界、慌てふためくから尚更、調子に乗る。

バカな餓鬼は、世界が『またかぁ~!』と驚かなくなると、もっと驚かせようと思う。
今まで、『排他的経済水域』までしか飛ばせなかったミサイルを、領海まで飛ばす。
それでも驚かなかったら、領土まで飛ばそうとするだろう。

対して国連は、『報道機関向けの安保理決議』というのを出した。
『報道機関向け』というのは、どういう意味なのだろう。
何もしない!という訳には行かぬから、形だけでも批判声明を出しておけ!なのだろう。

思えば常任理事国も、内憂、外憂を抱えている国ばかりである。
米国は、大統領の任期満了が迫り、その上に世界的指導力も失ってしまった。
以前のような、『突出した指導力』に大きな陰りが生じているのだ。

ロシアは、ウクライナ侵攻をはじめ、世界からの信用を失墜している。
加えて、五輪でのドーピングがバレて、国威発揚どころか失地回復に懸命だ。
フランスも移民問題、エネルギー問題で頭が痛い。

英国はEU離脱後の対策に追われ、アジアの危機には無頓着だ。
中国も、ASEANやアフリカ各国を騙すのに懸命で、やんちゃ坊主の面倒は見きれない。
韓国と米国、そして日本の脅威は、中国にとって喜ぶべきことなのである。

常任理事国がこの有様だから、北朝鮮の無謀には付き合いきれない。
が、何もしないわけには行かないから、形だけの批判声明を出す。
こんな国連に、世界の安全を維持できる能力があるのだろうか?

南シナ海や東シナ海の秩序は、対立する国同士の戦いでしか決着できないだろう。
北朝鮮がミサイルを着弾させれば即刻、反撃して殲滅するくらいの手立てが必要だ。
今後、未来永劫にわたって、国連が『世界平和』に貢献するは皆無だろう。

やっぱり、自存自立しか残されていないのである。
いちいち、安保理に申し入れる『ムダ』は止めよう。


スポンサーサイト
12:02  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuichisakamoto.blog.fc2.com/tb.php/777-bff606eb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。