2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.04 (Sun)

『中心』って?

『費用弁償の旅費は、どのような算定基準なのか?』
議会事務局の職員に質したとき
『住まいする市や町の庁舎から、県庁までの距離です!』と云う。

つまり、市役所よりも県庁に近い所に住む人、遠くに住む人とは同じ扱い。
吾は、市役所から奥地・20キロに住まいするから『不平等感』が強い。

先日、中学の同級生・矢野クンから電話が入った。
『オリンピックの年だから同窓会をやる。打ち合わせを油津のおでん屋で!』
と言いながら、吾の声を訝った。

『何を言っているのか、聞き取れないよ!』
先日、県立病院待合室で会話したことを忘れている。
認知症が少し、入っているのかもしれない。

『声帯の修理をしている!と言ったじゃないか!』
『そうだったかなぁ~!』
『会話が理解できないかもしれないから、俺はやめとくよ!』

そして、『なんで油津なのか?』
『イヤ、橋口君が油津に泊るらしいから!』
矢野は吾田に住まいし、後の二人は酒谷に住んでいる。

いうなれば、日南市の端から端である。
飫肥でやれば、みんなが同じ距離なのに!などと思う。

日南市の中心ていうのは、どこだろう?
国道222号線でいえば、市役所のある地域だろうか?
北郷、南郷からいっても、その辺りが中心と言えるか。

鵜戸地区と宮崎市の境、『いるか岬』から市役所。
酒谷地区と都城市の境、『上熊隧道』から市役所。
これも、同じくらいの距離かもしれない。

斯かる意味合いから言えば、市役所は『中心』に位置すると言えなくもない。
市内、どこからも同じ距離で、要する時間も同じ。
だから、大型商業施設が集積しているのだろう。
   つまりは、『中心市街地』である。

台風12号が、九州の西岸を北上している。
速度が遅いから、風雨の影響が長く続いて鬱陶しい。
が、気象庁の予測通りの予報円を辿って北上だから、観測技術の進歩に敬意だ。

進路の予測は、予報円の中心点を結んだ『線』である。
つまり中心点は、円の芯だから、円周のどこからも等距離だ。
等距離ということは、半径も『同じ距離』と言えるだろう。

今日の昼のニュース、NHkのリポーターが海岸で中継していた。
『日南市の中心地、油津の海岸では~~』と云うのである。
油津の海が、『日南市の中心地』と聞くのは初めてである。

そういえば、油津の商店街を再興するのに『中心市街地活性化事業』なるものを。
飫肥や中央地区の商店街は対象とされていないから、中心地ではないのだろう。
が、油津が中心だと、北の『いるか岬』、南の『夫婦浦』まで。

東は、遠く日向灘で、西の酒谷は『圏外』に当たる。
コンパスを使って円を描けば、市域に入らない所が多くなる。
円周率や円の面積を求める数式は習ったが、肝心の『中心の置き方』は習ってない。

求めるものが何なのか?
これによって、『中心』は異なるのだろう。
行政用語、メディア用語は、難しすぎて理解できない。

 
スポンサーサイト
14:17  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuichisakamoto.blog.fc2.com/tb.php/775-92e7f80b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。