2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.06.25 (Sat)

『異議なし多数!』

学生時代は、弁舌の方法や内容、即弁などを中心に研究した。
同時に、『議事法』を実践的に学び、模擬での討論なども。
勿論、ディペートをやって理論闘争もやる。

議事法は、『衆院議事法』が中心で、同様に研究している全共闘諸君と学生大会で。
動議を連発し、大会の主導権を握ろうとする全共闘。
当方は、これに対抗して、多数で議事の秩序を主導する。

結局は、全共闘系が議事法の壁に阻まれ、実力行使に出てくるのである。
民主主義を否定し、暴力によって共産主義を目指す勢力だから、鎧は見える。
民主的な議事の運営は、そもそも彼らには邪道なのである。

市議会議員になると、議事係長が永年の事例をもとに教えてくれた。
が、動議に対して動議で対抗し、『優先動議』の扱いにされることなどは先例にない。
が、対立する議題があると、常に議事運営に備える習慣がついていた。

そういう備えを怠らなかったのに、議事は民主的に進むとは限らない。
裏での『ボス交渉』や、密約、偽装などで互いの面子が立つように謀る。
正攻法の吾としては、最も嫌な展開である。

市民からの請願採択を巡る本会議が迫っているのに、議事運営は膠着状態だ。
市職組が議場を占拠することを恐れて、議長が開会のベルを押さない。
押さないままに占拠され、日南市議会は暴力に屈した。

以来、吾は社会党や共産党の言う『民主主義』を信用していない。
以来!というのは嘘で、そもそも社会主義勢力に『民主主義尊重』は皆無だと思っている。
彼らは民主主義を、都合のよい時だけに使う偽善者だから。

前にも書いたかもしれないが、県議会で天皇への『不敬』言動があった。
共産党議員が、昭和天皇の御平癒を願う記帳所設置に反対し、不敬の発言内容が。
吾は即座に、隣席議員の賛同の許に動議を申し出、懲罰委員会設置を願った。

一般質問の最中だったが、堀之内議長は目を白黒させて立ち往生している。
横隣の議会事務局長に促されて、『暫時休憩!』の宣告である。
休憩中に議長が跳んで来て、『坂元クン!どんげすればよかとか?』

発言に不敬な内容があるから、懲罰に値する。
懲罰を求める場合は、まず懲罰委員会の設置を求める議案を提出しなければならない。
だから、所定の賛成者を得て『懲罰委員会設置を求める動議』を提出したのである。

議長は、提出された動議を『議事日程に追加し、議題とするか否か』を諮ればいい。
日程追加が認められれば、動議提出者の趣旨弁明、質疑、討論、採決である。
そう説明すると議長は、『じゃったら坂元君が、次第書を書いてくれ!』

会派の控室、そこで慌てふためいているのである。
事務局に詳しいのが居ないらしく、畜産課に異動していた角田という職員を呼ぶ。
そして次第書が出来上がり、本会議が再開された。

結局は、懲罰委員会が設置、開催され、共産党議員は1週間の議員活動停止処分。
吾は、県議になりたてだったから、先輩からも疎まれ、事務局職員も迷惑そうに。
でも、馴れ合いが慣例化していた県議会に、『緊張感』はもたらしたと自負している。

それから、自民党控室では『議事法』に関する話題が多くなった。
質疑は『議題以外に亘ってはいけないこと』
が、質問は、自身の主観や感想を交えながら問いただすこと。

動議でも、議事進行に対する動議は直ちに取り上げること。
動議に対して、『動議撤回動議』が提出された場合は、撤回動議が優先動議となること。
討論は、反対討論が優先され、賛否交互の討論を展開すること。

吾は、県職業能力開発協会、県技能士会連合会などの会長職を、最近まで10年余つとめてきた。
これらの団体は、理事会でも総会でも、会長が議長として主宰する。
本来、責めを負う執行部側が『議長』で仕切るというのは、どうだろう?

そう思って聞いてみると、『定款に記されている!』と云う。
まぁ、議事の運営は中立公平に行うけれども、議事が安泰に進行する!という前提が面白くない。
面白くないと云うよりも、不自然さに疑問を持つのである。

先日は、県治山林道協会の総会が開催された。
会長は、西米良村の村長で、吾と同い年。
村の居酒屋で、共に石原裕次郎の唄を熱唱したこともある。

会場入り口で、『毎日、なにをしょっとなぁ~?』である。
『昨夜の豪雨で被害はなかったの?』と聞くと
『もう1週間も帰っていないから、あんまり判らんとよ!』と屈託ない。

議事は、会長が議長で進められた。
採決になると、『異議なし多数!』と宣告するのである。
わが耳を疑った。  『えっ!こんな採決があるの?』

採決の方法は、全員に異議が無いと見込んだ『簡易採決』
議長の問いに『異議なし!』と応える。
その次が、『挙手採決』

一般的には、重要議題ほど『起立採決』が多い。
県森連は、『人事案件』になると採決方法が『投票採決』になる。
これは、投票用紙に記入する方式だが、○×の記入である。

無記名投票、記名投票というのもある。
県議会でもあったが、氏名の記してある木札を議長に提出する。
が、『異議なし多数!』というのは初めてだった。

『異議はございませんか?』と問われて、『異議なし!』と応える。
が、吾のように、何らの反応も示さないのもいる。
一部しか『異議なし』と発しないので、『異議なし多数!』と宣告するのだろう。

『なるほど、村議会などで採用されているのかなぁ~!』と思った次第である。
決し方は議長の判断、採決結果を判断するのも議長である。
『異議なし多数!』というのは、『全員賛成!』ということに違いない。

スポンサーサイト
04:59  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuichisakamoto.blog.fc2.com/tb.php/750-a9344626

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |