2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.06.04 (Sat)

躾(しつけ)

伯父が法務省に入省して、坂元家の惣領が居なくなった。
一男二女の子供がいて、惣領が欠ければ婿を取らなければならない。
次女は幼児だから、20歳の長女が家を継ぐ。

戸主の末盛は、己の部下を婿に入れ、後継ぎとした。
が、家業の農業は素人だから、双子が2歳の時、実家に戻った。
母は家付き娘で、嫁して来たわけではない。

が、双子の養育を考えれば、相応の働きが要求される。
実の両親だから遠慮は要らないのだろうが、『子の親』としての責任を感じたのだろう。
朝早くから、農耕馬の飼い葉を刈り、朝飯を済ませると田んぼに走る。

自家発電は、母がすべてを動かしていた。
劇薬でも、農薬を散布し、水田の管理も一手である。
男が働くのと同様に、田んぼを馬で鋤き、田植えから収穫まで取り仕切る。

夕飯を済ませると、片付けを終え、終い風呂に入る。
風呂からあがって就寝前に、双子の爪を切り、耳の掃除をやる。
この時から、双子を両側に川の字になって眠る間だけが、親子の時間である。

双子が就学前だったか、木戸口の山林で火遊びをしたことがある。
下で仕事をしていたのか、祖父が匂いを嗅ぎつけ、駆けつけて来た。
慌てて火を消すとともに、双子に拳骨を見舞った。

これが、初めてで最後の拳骨だったが、その痛さは今でも記憶に残る。
母は双子を、木戸近くの樹齢100年の杉の幹に縛りつけた。
『持たぬ子には泣かぬ!と云うがホントだ!』と嘆き、涙している。

『お前の躾がなっていないからだ!』とでも、祖父から叱られたのだろう。
祖父が、『もう魂が入ったのではないか!』と云ったのか、夕食前には解かれた。
しかし、母の小言は布団に入ってからも続いていたが、衝撃が大きかったのだろう。

翌年頃だったか、集落の兄弟の火遊びで野原を焼いた事件が。
次いで、子供だけで住まいしていた近在の住家が全焼した事件も。
もし、双子の火遊びの発見が遅れていたら、小松山まで全焼していたに違いない。

居間に囲炉裏が切ってあって、横座に祖父、祖父の左手に双子、右手に祖母と母、角に叔母が。
夕食も団らんも、座る場所が決まっていた。
が、常に姿勢を注意され、食事は正座、箸の使い方まで、みっちりと仕込まれた。
風呂も、祖父、双子、叔母、祖母、母の順である。

祖父は、『大学までは出らにゃあいかん!』が口癖で、常に『勉強せんか!』である。
毎月、小学生用の雑誌を買い、双子に与えた。
双子は、欲しいものがあると正座して祖父に告げ、入用のカネを貰う。
『勉学』に必要なものは、無条件で要求を呑んだ。

来客があった時の対応、他家を訪問した時の行儀作法、厳しく指導された。
作法に外れたり、客前で悪戯すると、横目で睨まれ、後で説教が待つ。
夏休みでも、決まった刻限まで机を離れず、一日のスケジュールまで言い渡される。

田んぼで汗まみれになっていると、坂元集落から子供が駆け、遊びに出る。
帰りには、アイスキャンディーを手に、大声を出しながら賑やかに家路についている。
肉体労働と遊び、彼我の違いを秘かに嘆いた。

今では、『取っ付き難い!』と云われている吾だが、餓鬼の頃の陰鬱さが残っているのか?
でも、取っ組み合いの喧嘩は絶えず!だったけれども、性格は穏やかだと思っている。
人の悲しみは、己の悲しみであるし、涙せずとも情には厚いと思っている。

祖父母や母から、厳しい戒めは受けたけれども、冷たくされたことはない。
厳しかったと思われた祖父も、市議選初出馬の折は、入院していた医院の前に立っていた。
街頭演説して振り向くと、父方の祖母と並んで、涙を流していた。

吾が所帯を持つと直ぐに、祖父は軽い脳梗塞で入院した。
平癒したと思われたのに帰ってこなかったのは、『家督を譲った』証なのか?
祖父母共に、一度も帰らず、身罷った。

自身の子供に対して、躾がどうだったのか、余り記憶にない。
記憶にない!というよりも、最低限の躾しかやらなかった。
夕食時に、長男がふざけて妹をからかっている。

思わず、飯茶碗を投げつけた。
が、当たらなかった。
当たらなくて良かったなぁ~!と、思うと同時に、自身の気短さを知った。

カップ麺を食っている長男に、『少し食わせて!』とねだったが、頑強に拒否する。
『じゃあ、それを全部食べないと許さんぞ!』と。
平らげることなく、泣き出したから、『食える量、人に与えていい分量を考えろ!』と。

進学や進路についても、本人の志の趣く儘に!という立場をとった。
どうしても選択に困った時のみ、吾の考えを伝えたが。
本人の人生だし、本人が決意し、判断すれば、善し悪しの結果が出ても、これも本人次第。

ただ、人様に迷惑を掛けるようなことは、絶対にいけない!とは言い聞かせてきた。
当然のことだから、躾の範疇に入らないかもしれない。
が、吾が受けた躾がその程度だったから、それを踏襲しているだけだ。

北海道で、7歳の小学生が捜索された。
親が放り出した原因が、他人と他人の車に石投げして、その罰であるという。
『しつけ』のつもりで!と云う親の気持ちは理解できる。

理解できるが、親の想像以上に、子供が逞しかったということだろう。
道を辿ってゆけば行き着いたところに、演習場の蒲鉾があった。
水もあれば、夜具になるマットもある。

動かなければ、やかでは助けが来る!
遭難時のイロハであるが、意図的か否か、その通りにやった。
が、捜索隊は『俯瞰図』に拘って、非常識の部分を見落としたと、いうことだろう。

大和クンは英雄視されるかもしれない。
されて、舞い上がり、天狗になってゆくかどうか。
『迷惑を掛けたこと』を深く反省して、自我の抑制に走ってゆくか?

『しつけ』の後遺症が、どう転ぶのか?
彼の人生の、大きな分岐点だろう。
けだし、見物ではある。
スポンサーサイト
16:12  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuichisakamoto.blog.fc2.com/tb.php/741-033239e6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |