2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.21 (Mon)

パワースポット

全国技能士会連合会理事会が開催されるということで上京。
が、搭乗入り口で『機材の故障の為、運行されません! 窓口に!』と。
カウンターに行くと、『11時の便に御用意できます!』

御用意ではないだろう! 頼んでもいない事態なのに、対応は上から目線。
『それでは1時半からの会議に間に合わない!』
『あっ!10時半の便が1席だけ空いておりました!』

もったいぶった言い方だ.最初から判っていたのに。
が、ソラシド主体の共同運航便だから、羽田では端から端まで歩く。
昼食の間も無く、市ヶ谷の会議場に直通。

3連休だから、群馬の娘の所に2泊しようと決めていた。
『本庄駅に迎えに行くから!』ということだったから、時間はたっぷり。
市ヶ谷駅ホームの蕎麦屋で、遅い昼食をとった。

『湘南新宿ライン』の快速で本庄まで向かうのだが、吾は高崎線に乗る方が快適だと思う。
新宿ラインは始発ではないから、並ばなければならない。
後部頭上から、間断なく咳する息が吹きかけられる。
3分の1はマスクをしているから、『インフル』か『花粉症』か?

本庄駅に到着する前に娘からメール。
『渋滞で遅れそうだから、北口で待っていて!』
駅前では、『戦争法廃止』のアジ演説と署名活動が。

近付いて署名を求めたから、『戦争法という法律があるの?』と。
『えぇ~下に戦争することを隠した法律があるんですよ!』
『貴方達もたいへんですねぇ~! 中国の為に署名活動しているんだから!』

『イヤ!長年守られてきた日本の平和が崩れようとしていますから!』
『そうですよねぇ~日本の平和は安保条約で守られてきたのだから、より強固にしないとねぇ~!』
『違いますよ!今までの平和は憲法第9条で守られて来たんですよ!』

『デモ、北のミサイルが飛んでくるかもしれませんよ!』
『そんなことはありません!その前に北の方が滅びることを知っていますから!』
『だから、それは日米安保と我が国の自衛力のお蔭でしょう!』

『イヤ!北は勝てないことには手を出しませんから!』
『デモ、南沙諸島に基地を造ったり、尖閣諸島を狙う中国は脅威ですよねぇ』
『イヤ、ちゃんと話し合いをしてゆけばいいんです』
『話し合いを待たずに、ミサイル基地を造ったじゃあないですか?』

何時の間にか娘が車を横付けしていたみたいで、強引に腕を引かれた。
まるで、徘徊老人を車に乗せるように。
『あの人たちは、何を言っても無駄な人達、人の意見は聞かないから!』
でも、もっと論争してみたかった。  できれば多くの聴衆が周りに居るなかで。

夜は、弟と呑んで他愛もない話をしたが。
『クローンだから!』と、吾の病気履歴を辿って検診し、異状ないという。
『互いに長生きしよう』と、約して別れた。

翌日は伊香保に行ったが、別に名所旧跡があるわけではない。
榛名神社に参詣することになった。
昨年だったか、森林組合で訪れたが、吾は参道入り口で待っていた。

今回は参詣門近くから入り、奥殿まで進んだ。
最近、パワースポットとして注目されているらしく、なぜだか中国人も混じっている。
身体に故障を抱える身としては、『平癒』を願う気持ちが大きい。
お御籤は、『一段と用心せよ!』とのご託宣だったが。

それから水沢観音に詣り、六転生の教えを。
幼いころから神仏を関心を持たない祖父と無関心な母、やや関心を持つ祖母の狭間に。
が、そういう環境下でも、ワリと信心深い方だと思っていた。

が、最近の女性が注目する『パワースポット』とは似て非なるものだろう。
霊気を感じたり、霊験あらかたなる経験を彼女らは持たないだろうから。
吾は、森閑たる鎮守の杜、滝壺に臨むと霊気を感じる時があるが。

かって、選挙の折  『神社に参ってきなさい!』と、大量の硬貨を持参したおばちゃんが。
云われたとおりに、長い階段を昇りながら参詣したが、結果は周知の如く。
参詣の手立てと動機と、一挙手一投足が不順だったのか?

伊香保を8時半に出て、羽田までの渋滞に備えた。
『伊香保行き』を想定していないから、1時過ぎの搭乗になっている。
都心に入る前から渋滞が激しくなった。

諦めて、キャンセル、次の便への振り替えを娘が問い合わせると4万円以上の負担だと。
『それでもいいから手続きを!』という吾に
『土壇場でいいよ!』と、間に合わせることを諦めていない。

同行していた長男が、スマホナビ情報を駆使して探索し、羽田手前で在来線に降りた。
これが空いていて、スムーズに第2ターミナルに。
間に合って宮崎に降り立ったが、電話に出た娘が言う。

『渋滞の車中で、婆ちゃんに間に合わせるよう頼んだんだ!』と。
99%の不可能が、可能になったは母の御加護かぁ~
娘には、困った時には祖母の助けが期待できるのかもしれない。

霊界、魔界の手助けか?
パワースポットの御利益か?
迷いが絶えないのが人生なのかもしれない。
スポンサーサイト
06:44  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuichisakamoto.blog.fc2.com/tb.php/713-557fd9e1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。