2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.06 (Wed)

哲学なき国家予算

公明党のゴネ押しで、軽減税率が決まった。
消費税増税時からというが、販売者にも消費者にも判りにくい税率。
いっそのこと、10パーセント増税時からにすれば判り易いものを。

高い食料品を買っても、安価な食料品を買っても軽減だから低所得者有利とはならない。
キャビアをふんだんに食する高額所得者も助かるから、弱者向けではない。
でも、生きるための必須条件だから、良しとしよう。

不足する財源は、どうするの?
またまた『たばこ税』だから、ここにも哲学が無い。
そもそも、健康に悪しきものを国家が製造して売っていること自体が妙だ。

愛煙家には、国鉄の赤字と年金、国有林野の借金と年金。
無関係な分野に多額の負担をさせられている。
国が、麻薬の売人をやって、搾り取る構図に似ている。

低所得の高齢者、年金受給者に1人当たり3万円を支給するという。
野党は、『バラマキだ!』と批判している。
かって、バラマキ施策を並べていた政党から言われると、片腹痛いだろう。

でも、何故、今回だけ3万円なのか?
未来永劫に続ける政策ではないから、選挙目当てと言う指摘も外れてはいない。
総額、3,390億円、哲学なき予算である。

TPP対策でも、3、、403億円を用意するという。
これは補正予算だが、農地の大規模化に940億円を使うらしい。
そして新年度には、土地改良事業に3,820億円。

農林省の天下り機関の、生き残り対策予算だろう。
第一、耕作放棄地が拡大し、離農者が増えているのに、どこの土地を改良するのか?
改良する必要があるなら、なぜ今まで取り組んでこなかったか?

取り組んでこなかったと言えば、『収益性の高い作物への支援金』505億円とて同様だ。
そんな作物があるならば、今まで生産させれば良かったではないか?
ここにも哲学が滲み出ていない。

なぜ、哲学が無いのか?
霞が関の役人の発想だからである。
農業も知らない、実社会不勉強の徒が、絵を書き、無駄を造ってゆく。

ガットウルグアイラウドの時も、そうだった。
米の自由化で、農家は破綻を来すとして、総額6兆円のカネを費やした。
が、コメは生産過剰になり、消費の衰えと共に離農者増大に拍車を掛けた。

間違いなく、今回の予算も成果は生まれまい。
ただ、TPPは、自由貿易国・日本に福音をもたらすことは間違いない。
間違いないのに、選挙民を恐怖する国会議員に押されて予算を編成する。

霞が関の無知は、林業政策にも及んでいる。
コップ21で、 CО2の削減目標が割り当てられたのに、吸収源としての林業対策はない。
世界的に、木材資源が枯渇に向かうのに、その対策もとらない。

昨年、成長戦略に『林業』を位置付けた。
位置付けたが、どういう政策を講じれば良いのかは、判らない。
判らない人達が決めて、判らない人達が予算を握るからだ。

国会議員も霞が関も、山林の現状と将来を見通せない。
見通せないどころか、林業の現場も、林業の実態も判っていない。
ただ、有権者の前で『林業の将来』をなぞるだけだから、迫真に迫る中身は無い。

そういう、『無学の人達』が、この国の予算と政策を握っている。
だから、実態と、遠く離れた政策しか顕れてこない。
哀れなのは、国民や産業に汗している人達だけである。

それは、福祉でも、医療でも、教育でも、そうである。
『子育て』の為に『育休』を取りたいと言っている国会議員夫婦。
国民の模範に見せかけているが、実態は『贅沢』というものだろう。

『育休』がとれなくて、出産を諦めている夫婦もいる。
ゼロ歳児からの保育所通いで生活している夫婦もいる。
そういう人達の苦労を知らずして、『育休』で胸を張る『選良』

果たして、こういう人達が『選良』なのだろうか?

スポンサーサイト
11:18  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuichisakamoto.blog.fc2.com/tb.php/684-67e1a431

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。