2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.03 (Sun)

『徳』の不足

職業能力開発協会の元・専務は、呑むたびに『会長はシャイだからなぁ~!』と言う。
『照れ屋で、人見知りで、『つっけんどんな男』と、周囲から誤解されている!』というのだ。
確かに、愛想の良い方ではない。

人に『オベッカ』が言えない。
云ったら顔が歪むから、相手も本気にとらないだろう。
つまり、芝居が出来ないのである。

会って、挨拶はする。
時には冗談も言うが、しょっちゅうのことではない。
が、無口な方だから『取り付き憎い』印象を与えているのだろう。

其れに、容貌も問題なのかもしれない。
第一印象は、『怖い』というものらしい。
こんなにお人好しで、思いやりの深い男を、どうして勘違いするのだろう。

が、論争は譲らない。
徹底的に論破するまでヤルが、最近は控えている。
論争するまでもないことばかりであるからだ。

市長選挙に臨んだ時、市議同期生だったN氏は、『裕一は廻るな!奥さんだけを廻らせろ!』と。
なんでか? と聞くと
『オマエは頭を下げんらしい。廻るだけ支持者が減る!』

吾は、幼少の頃から、相手の心を読む習性があった。
家を訪問して、歓迎されていない相手は直ぐに判る。
そして、相手が如何なる返答と態度を採るか、瞬時に理解する。

その読みは、98%、間違いない結果を生み出す。
『ダメだ!』と知った相手に、愛想笑いする能力は、元々、備わっていない。
いないから、早目に退散する姿勢に移っているが、それが横着に見える。

時あたかも、東国原知事が当選して吾を訪れたとき。
知事と組んでいたTBSが、吾が足を組んでいるところに知事が入室したかのように。
フィルムを捏造して、全国に流した。

議長室には、現在の知事をはじめ、多くが居たから『捏造』は判る。
判るが、吾には真実を伝える手段がない。
結局は、吾の『横着さ』だけが人々の脳裏に残り、吾は政治生命を絶たれた。

先日の晦日に、吾の支援団体を率いていた御仁がみえた。
2時間ほど話して帰ったが、涙もろくて往生する。
彼は、『あれがなければなぁ~!』と呟いた。

『坂元さんは、あんなに横着じゃったとぉ~?』とアチコチで。
『あれぐらいなきゃあダメよ!と俺は言っておいた。』と溜息。
なんのことはない。吾の側近だった者まで映像を信じていたのだ。
己が育てた政治家を信用しない! そういう地域は当方から願い下げだ。

『自身が支えた政治家が、どのような男だったか、判らなかったのか?』と語気荒く。
そうなのである。
あれが、吾の政治生命の分岐点だった。

世の中は、ポリシャン(政治屋)は好かれるが、スティツマン(政治家)は嫌われる。
ヘラヘラと腰を低くして、ご機嫌伺いをしていた方が選挙に勝てる。
勿論、歩いてきたイデオロギーと金看板は隠しておく。

『拉致はでっち上げ』と言った土井、福島、菅直人みたいに。
云う時は威勢が良いが、時が経てば世間は忘れてくれる。
実績は皆無でも、世間は忘れてくれるのである。
真実を忘れ、嘘をいつまでも信じている。

それは、『徳』を積んでいるか否かの、差だろう。
その『徳』が吾には、不足していると云うよりも、『全く無い!』
それを自覚すると、世間を歩むのに足元がフラついてくる。

スポンサーサイト
15:42  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuichisakamoto.blog.fc2.com/tb.php/683-aa9bf5ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。