2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.04.20 (Thu)

『沖縄特有』

以前は、大臣の下に『政務次官』というのがいた。
『政務』と付いているから、省庁生え抜きのキャリア『事務次官』とは雲泥の差。
いうなれば、当選2回くらいの若手に勉強させるような制度。

これが、当選5回に差し掛かると、常任委員会委員長のポストに就く。
後は、『大臣』の椅子を待つだけである。
そうやって、下積みの政治生活を経験し、雑巾がけから階段を昇って行った。

それがいつの頃からか、副大臣の下に複数の『政務官』というのを置いている。
部屋も貰い、秘書も付いているのだろうが、こうなると勘違いも起きる。
省庁の幹部は平身低頭し、幹部会議で重要な情報にも接するから『偉くなった!』と思う。

もともと出来は悪いし、親の七光りで大学に進んだ。
進んだけど成績はサッパリで、友達からもバカにされてきた。
ただ、小遣い銭を人より多く持っているから、寄り付いてくるだけである。

その『幼児性』のバカが、親の跡を継いで議員バッチを付ける。
親の後援会がそのまま支援するから、ドブ板の経験もないし、低頭したこともない。
若くして当選し、『センセイ!センセイ!』と大事にされる。

そんな幼児性バカが、永田町に大勢集まっているから、メディアには格好の餌になる。
なにしろバカ集団だから、『善悪』や『常識』『庶民性』の判断がつかない。
だから、男も女もバッチを付けて乱舞する。

中川とかいうのが、破廉恥騒動の記事で騒がれているらしい。
確か、御尊父も同様のスキャンダルがあったが、学ぶ部分が偏っている不幸だ。
親父は『婿養子』ではなかったかと記憶しているが、道徳は学んで来なかった。

次の衆院選は、いつの時期にやっても自民党は大きく議席を失うかもしれない。
ただ、既成政党で勢力を伸ばす政党はないから、自民党の凹みはどこが吸収するか?
それを狙っているのが小池都知事だろうが、解散が遠のけば小池評価もガタ落ちになっている。

そこで各党ともに、裏での選挙対策に余念がない。
自民党の選対委員長が、沖縄のうるま市長選挙についてFBで批判していたらしい。
野党系候補の公約を『市民への詐欺行為、沖縄特有の戦術』と述べた。

それが批判され、報道と野党は『差別的発言』と怒っている。
どこが可笑しいか? まったくその通りではないか!
出来もしないことを叫び、政府に我儘を言い、ゴネるだけの風土である。

沖縄は、占領した米国にとって、最大の『社会主義』への防波堤基地である。
小笠原を早期に返還したのは、グアムで事足りているからだろう。
が、沖縄に基地を築くのは、太平洋支配、アジア戦略の拠点である。

が、日本政府の『沖縄返還なくして戦後は終わらない!』に応えて止む無く返還。
が、基地の存続、基地用地の借地も返還条件に含まれていた。
そして、沖縄県民も、その条件を容れて本土復帰を願ったのではないのか?

多くの基地用地には、毎年、莫大な使用料が支払われ、県民の懐を潤している。
公共事業に関連する『振興予算』も、各県に比して3千億円ほどの上乗せ。
基幹産業もない!製造業も立地しない!そういう地域への見返りである。

でも『ごね得』の毒が県内至る所に蔓延している。
全駐労というのは、基地があって仕事にありついているのに『米軍基地反対』
自衛隊が存在感を増し、米軍が撤退したら、沖縄の疲弊は甚だしくなる。

幾度も書いたが、翁長知事は『自民党青年部・九州ブロック長』だった。
永いこと青年部に君臨し、社会党を批判、米軍の必要性を声高に叫んでいた。
それが、『アデランス』に変わるにつれて信条を曲げ、名誉職を駆けあがった。

でも、信念、思想、哲学というのが容易に換えられるのだろうか?
熱血時代に叫び続け、同志をオルグしてきた政策を、かなぐり捨てることが出来るのか?
できるのである。 これが正に『沖縄特有』なのだろう。

吾らは、沖縄を見下すことはない!
が、沖縄県民が卑屈なフリをして、甘え、我儘を言っている。
自ら、『我々を特有にせよ!』と叫んでいるのである。

米軍が嫌いでもいい。
自民党政府が嫌いでもいい。
でも、中国に祖国を売るような行為は慎んで欲しい!
『沖縄特有』の思想を慎んで欲しいのである。
スポンサーサイト
17:23  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |