2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2017.03.19 (Sun)

『極右』って?

北海道、興部町出身の上出君は極右と言われた北一輝を信奉、研究していた。
国家社会主義を標榜し、右翼の理論的指導者と崇められている存在。
北一輝の理論を少しだけ見聞きしたが、極左と極右が半円を経てくっ付いている。

母校・拓殖大学の教授を務めていた大川周明翁も、右翼の理論的支柱であった。
英、西、仏、蘭など列強の植民地に喘ぐ東南アジア諸国の解放が主眼。
白人の支配に抗して、アジア諸国の独立、大東亜共栄圏構想も延長線上だろう。

職業的右翼、というと叱られるが、右翼団体の精神的支柱は玄洋社。
頭山満という思想家を指導者に仰ぎ、愛国団体等を支配下に置いた。
どちらかというと、失礼ながら『通俗的右翼』なのだろうか?

昭和40年代の第2次安保闘争期は、左翼の絶頂期と言えるだろう。
『アカに染まる』ことが当然とされ、正論をを吐いても『ナンセンス』で消された。
『あの世代は反体制が当たり前の年齢ですよ!』と、学生運動を評価する人々。

反体制はいい! 体制と絆が繋がる『反米!』もいい。
が、反体制、反米は『毛沢東万歳』に昇華し、左翼革命に憧れてゆく。
革命の手段は『暴力』しかないから、ゲバ棒から火炎瓶へとエスカレートしてゆく。

『麻疹に罹ったようなもの』と擁護された連中が、大手資本、霞が関、県庁に。
『産学共同路線』を批判した学生が製造業に就職し、権力の手先たる役所に入る。
経験は生かされない社会に就いているが、国鉄赤字など麻疹時代のツケは今も残っている。

拓大紛争の折、『都城出身だ!』という小太り中年の刑事が近付いてきた。
右翼担当だ!と名乗ったが、『私は右翼ではない!』と応える。
爾来、宮崎に帰っても、時の事象に対するコメントをしつこく求められてきた。

全共闘に反対する学生勢力は『右翼・民族派』などとメディアは呼んだ。
が、左翼は『民主勢力』と呼称され、正常な思考を持つ連中として扱われる。
左翼思想家の評論家や学者が、『進歩的文化人』と言われた時代である。

吾らは、自由と民主主義を基本にして『あるべき体制』を考えている。
左翼は、古典的なマルクス主義が基本だから、自由民主主義とは相容れない。
その『古典的思想』が「進歩的」と言われる訳だから、やっぱり狂っていた。

右翼と左翼という呼称の語源は、フランス議会の議席配列から来ていると聞いた。
議長から見て右側が『体制派』、左側が『反体制派』であったらしい。
日本では自由民主主義者が体制派、中国では共産党独裁者が体制派ということか?

思想によって区別されず、体制派か反体制派かでゆけば右翼、左翼は判別されない。
ということになると、民主党政権の時代、民主党は右翼で自民党は左翼?
どうも定義が判然としないのだが、メディアは左翼は使わないが『右翼』だけは多用する。

オランダでの選挙が報じられていたが、自由党という『極右政党』が第一党になるかが焦点だった。
イスラム教徒を排除するため移民政策に反対し、EUからの離脱も訴えていた。
トランプ大統領と主張が似ているから『ポプュリズム』にも関心が。

イスラム主義や共産主義という『全体主義』に反対すると『極右』なのだろうか?
つまり、民族主義、国家主義を目指すのを『極右』と定義するのだろう。
北朝鮮は独裁主義、中国も今回の全人代で習近平独裁主義を打ち出したから『極左独裁国家』

先の大戦では、多くの皇民が犠牲になった。
黄色人種を蔑んできた植民地・宗主国の白人たちも日本兵に押され、後退。
戦後に独立した東南アジアの国々の礎には、皇民の殉死がある。

ロシアやイギリスに挟撃されていた中国も、大戦を契機に今がある。
朝鮮半島を分断し、現在の南北朝鮮をもたらしたのはロシアと中国である。
そして今、英国が返還した香港を、騙して支配するのも盗人中国だ。

アキレス腱が切れるくらいに背伸びしてみせる、森友学園の籠池理事長。
『皇国史観』などを用いて欺いているが、あの手合いを『職業的右翼』と呼ぶ。
真なる右翼は、権力者の名を用いたり、国家権力の庇護を求めない筈である。

同様に、稲田防衛大臣。
靖国神社の参詣に情熱を燃やしている風だが、英霊は呆れ果てている。
三軍の長は、士気の鼓舞はもとより、統率力、威令、指導力が求められている。

北朝鮮のミサイルが着水して20分後、ミサイルの発射を知ったという。
本土が壊滅してからの自衛隊出動はないし、存在も否定される。
どころか、民族の破滅である。
靖国深く、英霊・御霊は、そこを案じられている。










スポンサーサイト
11:08  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |