2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.01 (Wed)

パチンコ奨学金

今日の参院予算委員会では、財政豊かな東京都政の話が出てきた。
本社機能が東京都内に集中しているから、法人関連税収が多い。
財政に余力があるから、豊洲市場なんて見捨てても良いくらいだ。

大学入学シーズンに入るが、地方から都内の大学に進学し、住まいを借りる。
保証金と家賃で家主は生活し、少しくらいの固定資産税なんてタカガしれている。
地方から仕送りされた生活費は、東京で消費され、都内の経済を潤す。

仕送りする親は耐久消費財も買わず、慎ましく生活を送らねばならない。
地方から吸い上げられたカネは東京に集まり、その分、地方は疲弊する。
卒業した子弟は東京で就職し、東京で税金を納める。

高校生までは地方のカネで教育し、大学以降は東京で消費し納税する。
元手を掛けただけの地方は、投資が還ってこないから貧乏に拍車がかかる。
税収をタラフク抱えた東京都は、私立高校の授業料もタダにするらしい。

既に高校は『全入』に近いが、政府は大学進学への奨学金制度を充実するらしい。
それも『貸与』ではなしに、『返済義務無し』らしいから猫も杓子も進学できる。
倒れ掛かっている『駅弁大学』の救済にも思えるが、粗製乱造の時代だ。

日本育英会の奨学金を、それも狭い枠を潜り抜けて、受けていた時代があった。
優秀なのに、家計が苦しく進学できなかった同級生は多い。
あの時代に比べて、なんと恵まれた時代になったのだろう!と思う。

民主党は、返済義務のない奨学金制度の創設を謳っていたが、自民党から盗まれた。
が、『保育所落ちた!日本 死ね!』から過剰反応が過ぎる。
『子育て』に関する政策なら、全てか許されるという感じではないか。

先日の報道で、『パチンコ奨学金誕生』という記事が。
パチンコで余った『端玉』やパチスロのメダルを集め、奨学金に充てるらしい。
パチンコ、パチスロの頭文字をとって『PP奨学金』

パチンコ玉は『高額景品』と交換される!とあったが、これはワザと事実を曲げている。
景品ではなしに金券カードを渡し、それを出口付近で換金する。
今では当たり前のように行われている行為、これは違法なのである。

昔のパチンコ屋は、別の棟に換金場所を設けていた。
つまり、全く異なった会社が景品を買い取り、再び、景品をパチンコ屋に売る仕組み。
今では堂々と、同じ建物で換金しているから脱法行為だろう。

それに、新聞はパチンコを『ギャンブル』と言わない。
カジノに反対して『ギャンブル依存症600万人』なんて言っているが、実態はパチンコ依存症。
公営競馬などのギャンブル上りは、すべてが税と同様の使われ方をしている。

奨学金を運営するのは、社会福祉法人『さぽうと21』
国内の学校に通う18歳以上を対象としているから、朝鮮学校も対象だろう。
『夢を語れる若者を応援したい!』らしいが、大アタリの夢ばかり見るかも。

パチンコ屋では、従業員が磁石の付いた棒で、床の球を集めている。
『あれは会社の利益だろうなぁ~!」と眺めやった記憶がある。
1玉4円だから、散らばっている球だけでも相当なものだろう。

もう20年以上前かもしれないが、吾はパチンコ課税を主張したことがある。
日南市が人口比例で全国一ということもあって、台一機に対する課税が望ましい!と。
『遊技組合』なる組織の幹部が県議会に来て、『穏便に!』と願われた。

カジノに反対される方々が、なぜパチンコに反対されないのか?
常々疑問に思っているのだが、全国1万1千軒のパチンコ屋が先を越したか?
月々に5万~10万円の給付だろうけど、資格要件は何だろう?

まさか、『生涯、パチンコで遊戯すること!』ではあるまい。
18歳以上で給付に『上限』はないから、もう一度、大学に入ろうかなぁ~!


スポンサーサイト
15:21  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。