2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2016.12.24 (Sat)

賭け麻雀

日大の学園紛争の折、全共闘が殆どの校舎を占拠した。
ただ、神田の経済3号館だけは、反全共闘が死守。
泊まり込みで夜警に当たり、街頭で全共闘と白昼戦を展開した。

夫々の大学から有志が集い警備に当たるのだが、k大学の応援団は連日、『花札』に興じた。
千円札や百円札、硬貨が敷物に置かれ賭けてゆく。
毎夜、同じメンバーで時を過ごしていたが、出動態勢には素早い動きを。

駒込に住んでいる時、通り道にあるスナックに寄ること度々であった。
『みんなで私の部屋に行って「オイチョカブ」しよう!』と年増のホステスが。
朝まで、それも呑みながら勝負するが、賭け銭は僅かである。

麻雀は、同窓のМ君から教えて貰い、幾度となく徹夜したことも。
雀荘がアチコチにあって、学生の出入りが多かった。
全共闘のジグザグでもを2階の雀荘から眺め、打っている。

吾は、雀荘で遊んだことはなく、М君のアパート自室。
『鳴き鳴き麻雀』というのか、ポン、チーで上がってゆく。
役満を待つ者の恨みを横目に感じて。

地元に帰って新聞編集に携わっている折、肉屋の2階でオイチョカブを。
資材会社の従業員や、今はレジャー関係会社の社長らと。
賭ける金額は些少なものだが、煎れ込んで毎回が夜明けだった。

子供にオイチョカブを教えると、暇な時には遊びを迫った。
現金を賭ける訳にはゆかぬから、マッチ棒を使うのである。
が、現金がアチコチしない賭け事は、張り合いも面白さも味わえない。

いま、雀荘が賑わっているという。  特に女性客で。
『ボケ防止に最適』と言われて、団塊世代が『昔取った杵柄』だろう。
確かに、暇を持て余すリタイア組には『病院通い』よりも良いかもしれない。

福岡県の飯塚市長、副市長が開庁中に賭け麻雀に興じていたという。
記者会見で市長は、『賭けないとつまらない!』と。
本音なのだが、メディアは噛みついた。

が、待てよ!
メディアが巣食う『記者クラブ』なんていうのは、麻雀に興じる音が連日だ。
『市政記者会』なんかでもやっているから、これは問題視されないのか?

『記者クラブ』というのは、家賃はタダ、公費の職員がお茶くみ。
待っていれば『ニュース』が届けられるから『提灯記事』満載。
彼らのどこに『賭け麻雀』を批判する資格があるか!

温泉ホテルのロビーに、硬貨を入れて遊戯するパチンコ台が置いてある。
今は、電動主体でコンピューター化されているから存じ上げないが。
あの台で遊んで球出ししても、現金化できないから直ぐに止めてゆく。

勝負事とは、そういうものだろう。
買っても負けても、『見返り』がないのに時間を掛けるものはいない。
僅かでも、他人の懐から移動して来る見返りを求めて興じるのである。

IR法案が成立したら、博打のパチンコ依存症を認めたメディア。
綺麗ごと、大衆受けする物言い、そこだけを狙うから真実を隠す。
隠しても、騙し続けることが出来ないから、ホンネを吐くようになる。

『ホンネ』といえば、潘 基文という国連事務総長。
朴大統領辞職を受けて、大統領選挙に出るという。
事務総長のくせに日本批判を繰り返していたが、あれもホンネだった。

『世界平和』をリードすべき事務総長が、南北分断の朝鮮半島の片方に。
ひょっとすると、北朝鮮が侵攻してくるかもしれないのに。
ホンネは『世界平和』よりも、自身の名誉欲、出世欲を満足させたかったのだろう。

ホンネを隠すのは、日本のメディアに似ている。
『仮面を被った扇動者』そのものではないか!
だったら、本音を認めた飯塚市長の方が信頼に足る。
スポンサーサイト
14:20  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |