2016年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.09.03 (Sat)

地方の『人材払底』

家長制度が長く続いた日本では、惣領息子が家を継ぎ、次男、三男は独立するしかなかった。
武家では、嫡子以外は部屋住みか、婿に入るのを待つか!である。
部屋住みならば、僅かな小遣いを貰って、一生を孤独に生きる。

武家社会が終わっても、家長制度は昭和の敗戦まで続いた。
農家も惣領が家を継ぎ、次男、三男は分家して僅かな田畑を分けて貰う。
田畑が無ければ日雇いに出て、家族を支えるしか途はない。

戦後になっても、惣領が継嗣で家を継ぎ、次男、三男は就職するのが普通だろう。
ということは、跡目となる惣領は郷里に残る訳だから、人材は減らない。
その人材が郷土を支え、盛り立てる役割を担った。

商屋もそうだろう。
長男以外は独立するか、のれん分けするか、他人の飯を食って修行するか!
惣領は、ひたすらに家業を盛り立て、地域社会にも貢献してゆく。

地域社会では、それぞれに指導的立場の人材を必要とする。
首長であったり、議会議員であったり、郵便局長などもそうだろう。
商議所会頭が名誉職で、無報酬で就任しているのも例に漏れない。

普通選挙が実施されるようになってから、数多の人材が推されて公選に臨んだ。
惣領だから家を継ぎ、郷土に埋もれているのだが、人材としては博学である。
大学で学び、家を継ぐために帰郷しただけで、それだけの知識は得ている。

それでは、役場で働く吏員はどうなのか?
勿論、惣領息子が家を継ぎ、余剰労働者だから吏員に就いたという者もいる。
が、大半は、担うべき家業も無い長男か次男、三男の食い扶持就職だろう。

しかし、戦後復興から高度経済成長期に移ると、農業でもメシが食えなくなってきた。
農地解放で農地は取られ、小作する労働力もなくなり、家が維持できない。
『コメ経済』が崩壊している訳だから、現金収入を確保するしかないのである。

現金収入を得るために、サラリーマンに転ずる。
家業を継ぎ、家を継ぐ必然性が薄れてきたから、惣領でも都市に職を求めた。
大学で学ぶと、そのまま都会で就職し、家庭を築く。

が、大学で学ぶほどの目標もなく、高卒で地元に留まる者は、地元に職を求める。
吾より10歳ほど先輩方は、地元就職の第一志望を『日本パルプ』に置いていたらしい。
学業優秀な人は、日南高校普通科から『日本パルプ』と聞いた。

日パにあぶれると、後は公務員しかない。
日南市誕生前後だから、市役所や役場に就職したのだろう。
当時は当たり前だった、選抜試験無しの『コネ』就職である。

首長や議会議員は、博識を得ているから政策の呑み込みも早いし、立案能力もある。
失礼ながら、知識で劣る吏員は、首長や議会議員に畏怖の念を抱いている。
抱いているだけに、首長や議員の発言力に平伏するのである。

が、時代は変遷を重ねる。
優秀な若人は都市で学び、都市に就職し、都市に暮らす。
残った人材で地域を担い、支え、そして指導者を選んでゆく。

吾が市議選に出馬したころが、その分岐点だったのかもしれない。
先輩議員には博学が多く、一家言ある人ばかりであった。
それだけに、臆面もなく意見を吐く、生意気な吾を疎んじる気配もあった。

つまり、地域社会に貢献した実績もなく、ただ『口舌の雄』として選ばれた不遜な奴。
そんな若造が、権威と品位に満ちた日南市議会に出て来るなんて!と悲憤慷慨だ。
第一、一緒に机を並べた連中でさえ支持しなかったのだから。

市議会の権威低下に反比例して、市役所吏員の立場は上昇した。
折からの『泣く子も黙る総評』に導かれた労働争議が相次ぎ、労組天国である。
国家公務員給与を100としたラスパイレス指数を上回る職員給与。

職員に散髪代まで補助する為の『職員厚生会』に、年間800万円の支出。
たまりかねて市民が提出した『給与据え置き』を求める請願を議場占拠で廃案。
議会制度や市民民主主義を否定するほど、議会の選良を見下したのである。

市議会を見下している市役所職員も、上級官庁には頭が上がらない。
県の指導、国の指導には絶対忠誠で、疑問を抱いても抗わない。
この傾向は、地域住民を含めて、全国に共通していることかもしれないが。

首長選挙になると、人材探しで霞が関や県庁に適任者を求める。
つまり、国民も住民も、『官』ならば!と信頼しているのだろうか?
他所の人材が頼もしく、そして信頼出来て、尊敬できると思っている。

思っていること甚だしいのが、市役所や役場の職員かもしれない。
やたらと外部の人材を尊重し、政策を委ねるのである。
そこには、地域行政を担う気概も意欲も自尊心も感じられない。

飲酒の席で、あからさまに議員の評価を下し、卑下して嘲笑する職員。
議会では、『慇懃無礼』に徹しているのだろうが、明らかに見下している気配。
中には、『あいつの質問原稿は俺が書いている!』と嘯く者も。

原稿を書いてやっているのは、自身への追及を避けるためと、市役所を護るため。
議員に自由な発想をして貰っては困るからである。
常に、役所の意のままに操り、自身の仕事量が増えないように腐心する一環だ。

そのプライドがあるのに、何故か『外部人材登用』が多い。
あれだけの職員に、あれだけの給与を支給し、あれだけの待遇を図っているのに、知恵は無い!
知恵と能力を発揮できなければ、肉体労働に耐える人材に替えた方がいい。

『街づくり』ひとつ思案し、名案を醸し出す人材が市役所にいない現実を寒々しく感じる。
外部に人材を求めて立案させ、多額の費用を支弁する。
このことは、市役所職員の無能を満天下に示すもので、恥ずかしい限りだ。

市長や市議会議員各位も発想できない!多くの職員も発想できない!
が、地域を知らない人達には発想できる!そういう政策を市民が求めているのだろうか?
将来、失敗に終わった時に、誰が責めを負うのだろうか?などと思ってしまう。

つまりは、『官』にない発想力を、『民』に求めようというのだろう。
ならば、市役所は『業務遂行』だけを担う訳だから、これも『民』で間に合う。
間に合うならば『正職員』は不要だから、外部委託費用はふんだんに賄える。

選挙で選ばれる人達は、政策を競って戦っている。
その政策がなければ、その人たちに任せる必要はない。
市三役も市議会も、すべてを外部委託する制度をつくれないものだろうか?

などと、冗談を交わすほどに『人材払底』を嘆かざるを得ない。
ホントは『払底』など、していないのである。
が、主要政策が『外部委託』とされる現状をみると、嘆くしかないのである。


スポンサーサイト
05:54  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |