2016年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.08.04 (Thu)

個人情報

中学時代、テストの成績が番数表として、渡り廊下に張り出されていた。
中間、期末はベスト30位までだったが、学年末には50位まで名前が出る。
名前と共に、各教科ごとの点数まで表示されるから、自身の学力は歴然だ。

自身の学力だけではない。
自身の前後、友達の出来具合、頑張っている友の実力も映し出される。
10番内、5番内を争う時は、1点に悔しい思いをすることもある。

高校生になると、勉強のツボを人に隠す性格の奴。
出来ない同級生を冷ややかに蔑む視線。
そういう者は、どんな優秀でも、社会に出ても認知されていないから納得だ。

吾は、物覚えが悪い。
特に、人の顔と名前が結び付かないから、選挙する者としては致命的だった。
自衛隊ОBの家を借りて後援会づくりをやった後に、ОB会合で会ったが失念していた。

頭は下げたのだが、名前と吾との由来が浮かばず、そのままに過ごした。
ОB氏の怒るまいことか!  『恩を知らぬ奴!』と。
聞いて詫びに行き、言い訳をしたが、ギクシャクは治らなかった。

北郷の会合に呼ばれ、トイレで知り合いに出くわした。
他に人が居たから目礼だけで済ませたが、彼は 『黙殺した!』と、後援会幹部に。
言い掛かりである。 吾は全てを承知していたが、彼は吾から去る理由が欲しかった。

飲み屋の止まり木で酔客に絡まれる。
『坂元さん! 俺を覚えちょんなるか?』としつこい。
顔は知っていても思い出せないが、『うん!判るよ!』と応じる。

『誰じゃな? ほんなら名前を言ってん!』と、これまたシツコイ。
知人は、『名前はなんじゃったかなぁ~?』と聞くらしい。
対して、『安倍じゃがなぁ~! やっぱり忘れちょるが!』と。

知人は、『イヤ!苗字はわかっちょっとよ! 名前の方よ!』と云うらしい。
『そうすればいいよ!』と教わったが、吾のような『面の皮の薄い』者には真似できない。
しかし酔客も、翌日には吾に会ったことすら忘れているのかも。

政治を止めてからは、大型店などを歩いていても、視線は絶えず商品か、床に置いている。
視線が合うのを避ける為である。
が、声を掛けられること頻繁で、差しさわりの無い会話で逃げている。

宮崎市の古賀クリニックでも、大学病院でも、知り合いに出くわすことが多い。
県立日南病院は尚更で、毎日のように声が掛けられる。
何故、声が掛かるのか?  名前を呼ばれるからである。

大学病院では、番号が渡され、各検査場所、診察場所、料金支払い所、すべてが番号表示だ。
従って、氏名を呼ばれることはないから、知り合いの名を聞くことはない。
が、県立日南病院は、外来、支払い、全てで氏名が連呼されるから待合室に聞こえる。

聞こえると、視線が吾に集中することが、視野の隅で見える。
毎日のように治療に通う現在であるから、吾を認める人、大多数だろう。
揚句に、駐車場整理のガードマンなども知り合いで、徐々に病状まで聞くようになった。

昨日は、治療の後に入院患者を見舞うことに。
総合案内で病室を聞くと、患者の地区、年齢などを質して教えてくれた。
が、吾との関係は質さないから、何のための確認か?戸惑う。

個人情報保護法の政令で、顔や歩き方まで『個人情報』扱いとされるらしい。
身体的特徴のデータを、本人の了解なしに第3者に提供することが禁じられるという。
と、いうことは、入院の可否も含めて『秘匿』されるということだろうか?

でも、知り得る立場の人もいる。
マイナンバーを把握すれば、資産から健康情報、免許証やパスポート番号。
特定の人が、特定の人を『丸裸』にする手段を握っている、危険もある。

大学病院では、診察券番号を入力すると、今後の検査、診察計画まで知れる。
受診科担当でなくても歴然だから、関係者は覗けることになる。
が、相互の関連を見極めて治療計画が立てられるから、患者にとっては便利かも。

その、便利さを感じなかった例を、県立病院で経験した。
治療が10時、済ませて外来での診察に廻ったら、『13時になっています!』と云う。
『それでは、また来ます!』と云ったら、『診察券などは置いておくように!』と。

3時間もあるから、一旦、自宅に帰り昼食を済ませて12時40分に待合室に。
が、14時30分になっても声が掛からない。
『後に所用があるから帰ります!』と、診察券の返還を求めた。

違う棚に置いてあって、『あっ!みえたら窓口で申し出て頂くよう、言ったのに!』
聞いていない。『それでは13時に診察して貰いますから!』だけだった。
『今から診て貰いますから、少し待って下さい!』

『所用があるから!』と、会計を済ませて帰った。
日南の酒谷から油津まで、端と端である。
無駄な燃料と時間を浪費したが、県立病院・赤字経営の一要因を垣間見た。

昨日は、駐車場に戻る処を、老年の御夫婦に出会った。
『ホラ!ホラ!お父さん! 坂元さんよ!』とご婦人が。
『判りますか?』と吾に問われるから、笑顔ながら『ん?』と首を傾げた。

『~さんの隣!!』と大声で言われるが、当方は『ん?ん?』である。
今日も呼ばれて治療室に向かおうとすると、Nおばさんが寄ってくる。
『元気ですかぁ~? うちの人が胆嚢にできものがあるらしくて!』と、亭主を指さす。

『味噌漬け、買って食べてますよ!』と云うと、満面の笑みを浮かべた。
なるほど。  決してないが、選挙の時は、月に一度くらい病院の外来待合室を歩いた方がいいかも。
靴音高く歩いてゆくときの、あの集中する視線!  300票くらいは直ぐに集まる。

が、名前を見ても、聞いても無反応の人も居る。
病院の事務系職員などである。
県職組だから、吾の名を聞いたこともないだろう!
勿論、書いたことも!
スポンサーサイト
12:58  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |