2016年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.01 (Mon)

都知事選の茶番

予想通り!と云うべきか、都知事に小池女史が当選した。
『政界渡り鳥』として、細川の日本新党を皮切りに、小沢側近も経験。
揚句には、小泉郵政選挙の刺客として東京に乗り込んだ。

政界での信頼はない!  信用も無い!
我儘を通しながら、政界を泳いで来た『遊泳術』には定評がある。
勿論、政治哲学を持ち合わせていないから、政策も無い。

けど、芝居はお手の物だから、テレビの世界に在った経験が生きる。
自民党から『信頼されていない!』と見るや、党から見放された孤独を売りにする。
自民党都連は、見るからに下卑た幹部が牛耳っているから、苛められる実感を感じさせる。

仮想の敵を拵え、『都議会冒頭解散』をチラつかせる。
舛添の悪を見抜けなかった都議会の怠慢を際立たせ、対立を煽る。
都民は『愚民』だから、この芝居にマンマと載せられるのである。

『都政を見える化します!』と云うだけで、政策は示さない。
示す政策も持ち合わせていないのだが、あっても明らかにすればボロが出る。
政策の討論なんて出来っこないのだから。

地方自治は『二元代表制』で進められている。
都民が選んだ都知事、都民が選んだ都議会、その二元である。
都知事は政策を執行し、都議会は執行状況を監視し、具申し、都民の為の可否を判ずる。

小池さんは、長年『立法府』に在ったからか、地方自治の仕組みを御存じない。
都議会を敵視すれば都民が喜ぶ!と思っているようだが、政策執行は滞るだろう。
『冒頭解散』は、わざと言ったのではなくて、ホントに知らなかったに違いない。

もし自民党が、総務省幹部で退職した『タレントパパ』を担いでいれば、小池知事は無い。
パパの固辞が揺るぎないとみての立候補表明だったから、本気度は無い。
猪瀬、舛添と続いたが、二人とも都知事としての政策は無かったから、誰でも務まるのだろう。

鹿児島県知事もそうだが、杉尾参議院議員など、報道キャスターが政治に進出する。
日常に、茶の間で接するから有権者が親近感を抱くのだろう。
間違いなく『左翼』であることは、報道の内容に滲み出ているから、報道の左傾化を証明している。

『究極の後出しジャンケン』といわれた鳥越俊太郎候補。
政策は皆無だし、出てくるのは過去の女性スキャンダルだけ。
アンチ巨人、アンチ自民党、アンチ原発を標榜していたから、究極の左翼である。

ニュースキャスターは、報道内容に主観を入れてコメントするが、体制批判が判然としている。
だから相当な政策を持っていると思っていたが、鳥越氏はシドロモドロであった。
都政と都民の将来ではなく、自身の自己顕示欲を満足させる為だけ。

担ぎ出した民進党の岡田党首は、投票日目前に『代表選不出馬』を表明した。
都知事選での敗北が確定し、鳥越担ぎ出しの張本人として、途中投げ出しだ。
人に奢ることを知らず、杓子定規の人生行路だから、海千山千の猛者連中とは相容れない。

野田前総理などは、蓮舫代表代行を党首にする考えなのだろう。
都知事が女性、国政も女性で臨む『時の流れ』を読んでいるのかもしれない。
が、それ以前に、共産党との共闘が大きな宿題として残っている。

社民党は、『生活の党』と院内会派を組むと聞いた。
現状の議員数では、質問の機会も与えられないから、なりふり構わず!というところか。
それにしても小沢さん! 社会主義者と組むなんて、自身の『生活』の為だけに踏ん張っている。

みんなの党が消滅して、創業者の渡辺さんは『おおさか維新』から参議院議員に。
民進党に吸収合併された江田、松野あたりは、再び民進党内を攪乱。
誰が、どの政党に本籍があって、現住所はどこなのか? まったく分からなくなってきた。

その間隙にあって、虎視眈々と勢力拡大を狙っているのは日本共産党。
ホントは都知事選に日弁連・元会長を担ぎたかったのだろうが、将来の為に臥薪嘗胆。
真剣に、都知事選挙運動を行ったとは思えない。

自民党支持者の多くが、増田ではなしに小池に流れた。
驚くほど、増田さんにオーラを感じなかったのは、吾だけだろうか?
『実務経験』と云うけれど、選挙はワンフレーズである。

それでなくても、愚民イヤ都民は、『誰がなっても同じ』だと思っている。
事実、そうなのである。
今までダイナミックに政策を展開した知事がいるか?  いないのである。

自民党は『戦犯』を処分しようと息巻いている。
選挙中もそうだが、相手の思う壺である。
無視し、処分はしないが、党員としての処遇を暗黙で葬ればいい。

特に、ヤメ検かなにか知らないが、若狭とかいう比例代表衆院議員。
自民党比例なのに『党紀違反』、今度は10月26日の補選で小池の後釜に。
その選挙では『公認候補』を出さないことである。

そして、誰が当選してきても入党させない!
通常選挙で『公認候補』を出せばいい。
下手に騒ぐから、卑劣な詐欺師が浮かび上がる原動力になる。

一月もすれば、都知事選挙の話は消えてゆくだろう。
そして、小池さんも都議会に日参し、夜の接待に熱を入れる。
『見える化』が闇に変わり、『見えない化』が日常になる。

人口が増え続ける東京都、保育所の待機児童ばかりか、老人ホームの待機老人も。
年寄は都外の施設に移すらしいけど、『余り者』だけを負わされる地方への配慮は無い。
『愚民』 イヤ東京都民の賢明な判断の善し悪しが見える日は、近い。

えっ!  何故『愚民』なのかって?
だって、猪瀬、舛添、古くは大赤字をつくった美濃部!
ロクな知事はいなかったじゃあない!

スポンサーサイト
12:56  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。