2016年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2016.02.02 (Tue)

『一笑一若』

幼いころは、笑窪が両方の頬にあった。
笑うと極端に凹むから、それが『可愛らしさ』に繋がっていたらしい。
今では、片方だけが極端に凹むが。

中学生から高校時代、面白いことがあると大きな声で笑っていた。
ワザとやっているのではないのだが、『あっはっは』と、大声が出てしまう。
クラス全員が笑っている中で、いつの間にか皆が振り返って吾を睨んでいる。

高校2年の時、小学生が吾を呼びに来た。
『本町橋下の河原で、高校生が待っている!』と言うのだ。
行ってみると、私立高校生と思しき男子生徒が10人ほど。

吾を取り囲んで、『オンナの子と歩いていて、ミヤガッチョルんじゃないか?』と吐く。
『なんでそんなことで呼び出されなきゃあいけないのか?』と笑顔で。
『なんじゃ、その態度は!』と言うが、手出しはしなかった。

月曜日の1時限目、ホームルームの時間に、吾を含んだ3人が担任から呼ばれる。
前に出てゆくと、『髪が伸びているんじゃあないか?刈り上げているんだろう』
そう言って、指に髪を挟んで伸び具合を見ている。

『今から床屋に行って、刈って来い!』
今町の門川理髪店に行くと、『今日は月曜日で休業だ!』と。
仕方ないから、『一筆、書いて下さい!』

それを担任に提出した。
『そういうことが生意気なんだ!』と、気の毒そうに笑みを浮かべた吾を睨む。
歯軋りしながら、『絶対、明日は刈れよ!』と、怒りを隠しながら。

学生の頃、先輩が説教を垂れる。
語彙に間違いがあったので、ニヤリと笑うと激昂した。
『1時間、座禅を組め!』との制裁が。

可笑しい時には、笑う。
不謹慎な場所では、下を向いて忍び笑いする。
笑うと相手に失礼な場面もあるから、笑いもTPОが必要だ。

『笑わん殿下』と呼ばれた政治家がいた。
三木派を継いだ、河本敏夫衆院議員だ。
造船屋の財閥だったが、笑顔を見せたことがない。

『笑ったら可愛いねぇ~!笑窪も素敵だし』と、女性から言われること度々だった。
選挙用の写真撮影でも、『もう少し、笑顔を作ったら!その方がいい写真が出来るのに!』
そう言われるが、作り笑顔に至るまでに、頬が引きつってしまう。

座談会を開いても、真剣に政策を語るから、笑顔とは程遠くなる。
笑顔は親しみを呼ぶ!と判っているが、ぎこちなさが際立ってくる。
『話は上手いけど、取っ付き憎いよなぁ~!』で、選挙に苦労した。

昨夜の、『鶴瓶の家族に乾杯』。
『コマーシャル撮影で慣れているから』と、絶妙な笑顔を見せている。
『なーんだ!笑顔はつくれるのか?』と、感心してしまう。

ゲストの加藤茶が、色紙に『一笑一若』と書いた。
笑いが多い程、若くなるということなのだろう。
だったら、吾は老いて行く一方になる。

自身でも思うが、最近、余り笑ったことがない。
思い出し笑いもないし、テレビも笑える場面はないし、書物も深刻な内容が多い。
車で走っていても、とても笑いを誘うような番組に出くわさない。

自ら、笑いから逃げているのではないのに、笑いが少ないのは何故だろう。
笑いを忘れているから、笑窪も消えているかもしれない。
スポンサーサイト
16:21  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |